腸内フローラを知って健康な体を手に入れよう!

腸内フローラを知って健康な体を手に入れよう!

腸内の花畑

腸内細菌は腸の壁に張り付くような形でびっしりと生息しています。そして、面白いことに菌種ごとの塊となっているのです。このような様は、まるで綺麗に整理された花畑だということで「腸内フローラ」と呼ばれています。しかし、これはあくまで通称で、正式名称は「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」です。

そもそも、人体の腸内細菌の形成パターンは人によって違います。生活リズムや食事のパターンによっても変化しますが、1番大きく影響を与えるのは母親の腸内環境だと言われているのです。赤ん坊は生まれてくるときに母親の産道を通過します。その際に腸内細菌に接することによって、親の腸内環境を引き継ぐのです。この土台があって、人は腸内フローラを育て始めます。

また、腸内フローラの原型が育て終わるのは3歳だと言われており、それ以降は基本パターンは変わらないとも言われています。そのため、子どもをお腹に宿した母親は食生活や生活習慣に気をつけて、出来るだけ自分の腸内フローラに気をつけることが大切です。そうして綺麗に整えられた腸内フローラを子どもに与えることが、1番最初にしてあげる親から子どもへの愛情になるとも言われることがあります。